CVSとは of CVSA-Japan

周期性acth症候群、周期性acth-adh放出症候群、周期性嘔吐症の家族会のページです

CVSとは...

animal0006.JPG
CVS(Cyclic Vomiting Syndrome)とは、日本では【周期性嘔吐症】と呼ばれている病気です。一昔前までは【自家中毒】などとよばれていました。(三島由紀夫が幼少時にかかっていたことは有名です。)他にも、【アセトン血性嘔吐症】や【周期性ACTH症】、【周期性ACTH-ADH放出異常症】などという病名も使われていますが、今では周期性嘔吐症と同じ病気とされています。また、最近では、【偏頭痛】との関連も指摘されています。発見されてから100年以上経つ病気ですが、病気の原因はまだ詳しく分かっておらず、だれにでも効く治療法などはないのが現状です。

 CVSはほとんどの場合、こどもに発症します。普段は元気に過ごしているのに、周期的に発作をおこし、発作中は、激しい腹痛に見舞われ、嘔吐を繰り返します。発作が過ぎた後は、また嘘のように元気に過ごすことが出来ます。発作の起こる周期は、およそ2~4週間に一度で2時間~10日間ほどの発作といわれますが、個人によってまちまちで、年に数回というようなケースもあります。
animal0005.jpg

具体的な原因や、だれにでも有効な治療方法などは見つかっておらず、発作が過ぎるのを待つしかありません。また、普段が元気なだけにこの病気を親や医師が見逃してしまいがちで、なかなか診断へと結びつきません。さらに、普段元気であるが故に、学校などを発作で休むと、周りから病気だと理解されないこともあります。

一説では、学童期の児童の0.04%~0.19%が周期性嘔吐症を発症するともいわれます。一般的には、年齢を重ねることによって自然に治っていく(発作がなくなる、発作周期が長くなる、発作が軽くなる。)とされています。

milk_btn_pagetop.png

UA-29995901-1 inserted by FC2 system